4つの教育

言葉教育

言葉教育は「立腰」から始まります。背筋を伸ばし腰骨を立て

姿勢を正し集中力を高めます。そして「漢字仮名交じり絵本」を

用いて楽しみながら美しい言葉や多くの漢字(絵文字)に触れて

いきます。諺や俳句・詩も子ども達は大好きです。

音の意味を兼ね備えている漢字は、子ども達のイメージをかきたて

知的好奇心を高揚させてくれます。


体育教育

講師を招いての体育教室。柔軟性を養うと共に楽しみながら

マットや縄跳び・跳び箱・鉄棒等に挑戦し運動機能の向上を

図っています。毎日の体育ローテ-ションでは、一連の運動を

繰り返すことで頑張る気持ちが育ち、身体の基本が整います。

リズム体操は、ピアノの曲に合わせて体を動かしたり歌ったりします。

指先の細やかな感覚やしなやかな動きを身につけていきます。


音感教育

音感教育は教えられるのではなく、「感じる力」を大切にして

子どもの力を伸ばします。音を感じて表現し、「できた」という

体験を重ねることにより、自信やや意欲へとつながっていきます。

音楽とのふれあいを通して、きまりを守る楽しさ(躾)・深い

集中力・豊かな感性を身につけていきます。

食教育

子ども達の心身の健全な育成のため、豊かな食体験を大切にしています。

子ども達は、整えられた環境の中で期待を持って野菜やお米を育てます。

そして、収穫した食物を料理してみんなで味わいます。自分たちが育てた

野菜やお米の味は格別です。苦手な野菜も美味しく感じられます。

意図的な「食教育」を通して、生命をいただくことへの感謝の気持ちと、

自らの健康を守る力を身につけていきます。